感情の記憶をぬりかえていくこと

日々のこと お知らせ

にんじんムース

こんにちは!つばきです。めずらしい時間にブログをアップしてみます。

今日も?朝から雪が降っていて、びっくりしました(@_@;)

でも、もうすっかり上がって、ちょっと明るくなってきました。
雪だったけど、お洗濯ものがたまってたので、強行洗濯。ただいま部屋中洗濯物だらけです^^;

 


 

さて、昨日のブログで書いた「おにぎりランチ会」のお申込みの準備ができました!
ご興味のある方は、MENEのページをご覧ください^^

 


 

今朝、目が覚めて、お布団の中でまどろんでいたら、「感情の記憶をぬりかえているんだよ~」
という言葉が降って来ました^^;

ここ数年、アセンションだとか、地球の波動が変わったんだとか言いますけど、「なにか」が
変わったと言われたって、わたしの感情の記憶やできごとの記憶は、まったく変わりません(-“-)

正確に言うと、変わらないというのではなく、「なくならない」です。当たり前ですけど^^;

確かに、もれ聞こえてくる様々な情報から、時代は変わっていっているというのは実感できます。

でも、自分のなかの記憶、「あの時は、ああだった…」とか「こういう時は、だいたいこうなる…」
なんていう、とくにネガティブな記憶や感情は、なかなか変わらないんだなと思います。

 


 

波動が変わったんだから、もう違うんだよ~と言われたって、アタマではわかっても、
過去のイヤな記憶をつくった時のようなシチュエーションに出会うと、「また、きっとこうなる…」なんて思ってしまいがちじゃないでしょうか?

そうすると、ちゃんと新たなシチュエーションがそこに用意されているのに、過去の記憶に引っ張られて、自らまたイヤな状況へとズルズルとはまっていってしまう…。

ランチ会の告知をするはずなのに(苦笑)、なんでこんな話になるんでしょう(-“-)

でも、それはおそらく、今回のランチ会の深い部分の意図が、そんなところにあるのだと思います。

 


 

実はわたし自身、この1、2カ月の間、「感情の記憶をぬりかえていくこと」に一生懸命取り組んでいるのだと気づきました。

一生懸命取り組むと言ったって、起こってくることをただ素直に「受け入れていく」だけですけど。

特に、過去に叶わなかった経験などは、「そうなるハズがない…」なんて、願う前からあきらめていたりします。でも、どうやら時代は変わったようです…。

これからは、「想ったことが叶う」時代なのだから(らしい^^;)、うれしいことは喜んで「受け入れていく」ことが大事なんじゃないでしょうか。

イイこともワルイことも、これまでと違うパターンがやってくることは、ドキドキです。

でも、自分のなかにある過去のイヤな感情の記憶をぬりかえていくには、実際に体験することが必要だし、それは自分にしかできない作業です。

 


 

なんてコトをツラツラと考えていたら、立春からの寒波と、この十数年ぶりの大雪の理由がわかったような気がしました。

「もう、大丈夫だから、いちど真っ白にしてごらん~」って。

あは~、なんだか素直にランチ会の告知だけにしておけば良かったかな^^;

 

こころよりすべてに感謝。つばき紀子

 

[`evernote` not found]

« »