スペイン四方山(よもやま)話

日々のこと 旅行日記

%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%82%b9%ef%bc%95%e4%b8%96%e5%ae%ae%e6%ae%bf

こんにちは、つばきです。11月も10日が過ぎましたが、真冬の様などんよりとした空模様ですね。なんだか、時間も季節も先急いでいるみたいだけど、まだダウンコートは着たくないんだけどなぁ・・・。

季節がどんどん変わっていっても、スペインの旅行日記を続けてきましたが、最後にもうちょこっと四方山ばなしを。(よもやまって、こういう漢字を書くんですね~知らなかった^^;)

上の写真は、アルハンブラ宮殿の『カルロス5世の宮殿』です。宮殿は四角いのに、中に入ると丸いという不思議な宮殿。

ここへ行ったのは、もうずいぶん前のことのように感じるけれど、あれからまだ2ヶ月ほど。最近、終わったコトの記憶が加速度的に過去のものとして消え去っていくのですが、それでも強く印象に残っているシーンがあります。

 


 

旅先ではいつも、「へぇ~、そうなんだ~」と思うことがあって、特に海外のことは、日本に居ては聞こえてこないことってあるんですよね、やっぱり。

スペインではスペイン語が公用語だと思いますよね。確かにスペイン語は国の公用語。でも、スペインでは主に4つの言語が使われているんだそうです。

それは、「カスティーリャ語(いわゆるスペイン語)」「カタルーニャ語」「ガリシア語」「バスク語」の4つで、自治州ごとに公用語が決められています。日本でいえば「方言」のようなものかな~ぐらいに思っていたのですが、どうやらそれ以上のものがあるようでした。

カタルーニャ地方の聖地と言われる『モンセラット』へ行った時、「日本人かい?」と老夫婦に声をかけられました。こちらからも「スペイン人ですか?」と聞き返すと、「いや、私達はカタルーニャ人だ」という答えが返って来ました。

スペインに行く直前に、カタルーニャの独立デモがバルセロナで行われていたことを耳にしていましたが、まさか生の声?を聞くとは思いませんでした。

どうやら、歴史的、宗教的なことが原因にはあるようですが、『誇りを持って生きる』ってどういうことなんだろう・・・とちょっと考え込んでしまう出来事でした。

 


 

今年の1月、「今年はスペインに行けるかもしれない!!」と思ったのは、バルセロナ在住の『おちさぎりさん』との出会いでした。

さぎりさんは、ご自身の経験から「セルフエスティーム(自己肯定感)の大切さ」を実感され、その磨き方やあり方をバルセロナから世界に発信されています。

さぎりさんのブログ『バルセロネーゼ流!セルフエスティーム美人になる方法♡』

友人のサリーの巻き髪レッスンとのコラボで、さぎりさんからは、「コーチングで自分を好きになる」というお話をお聞きしました。

コーチングにはなぜか、ずっと抵抗感を持っていたわたし。でも、さぎりさんのお話しは、とてもすんなりと耳に入ってきました。ワークもリアルで面白くて、あっという間の時間でした。

わたしのように、コーチングに抵抗感のある方は、さぎりさんのブログやメルマガを読んでみると、ちょっとイメージが変わるかもしれませんよ^^

いつかもう一度お会いしたいな~と思いながら、「それはスペイン!?」なんて妄想したけれど、今回は弾丸ツアー?だったため、残念ながらスペインでお会いすることは出来ませんでした。

でも、スペインへ前に、やっぱりさぎりさんとお話ししたいと思い、スカイプセッションを受けた際に、ちゃっかりスペイン事情も教えていただいちゃいました^^;
(カタルーニャの独立デモのことも、さぎりさんのブログで知ったことでした)

住んでいる方からの生の情報ですからね、とーっても役に立ちました。もちろん!セッションもとっても良かったです。

ちょっと自分を責めてモヤモヤしていたあることを、「そうなんですよね」とあっさり理解してくれて、すごく楽になりました。もちろん、ちゃんとした知識と経験からのひと言です。

 


 

その国に住むのと旅をするのとでは、まったく次元が違うと思うのですが、そこへ行ったことがあるのとないのとでは、それもまた大きく次元が異なることではないでしょうか。

意識の上では「楽しかった♪」だけだったとしても、きっと無意識の上ではいっぱい情報を得てきているはず。だから、わたしはいろんなところ(国)に行きたいと思うんです。

そうすることでわかるのは、自分が生まれた国(日本)のことなのかもしれません。自分を知るために、自分と違うものに驚き、自分と似ているところに歓喜する。

スペインには、またきっと行くことになると思ってます。完成したサグラダ・ファミリアへ行くという明確な目的があるので^^

同じ国を何度も再訪するのも大好きです。はじめての感動とはまた違った感覚や発見がありますから。

さ~て、次はどこの国へ行くことになるのかな・・・と、その前に、そろそろ避け続けてきた英会話の勉強をしてみようか・・・と、真剣に思いはじめているのでした^^;

しゃべれなくても何とかするけど(笑)、やっぱり少しでもお話しできた方が楽しいだろうな~って思えるようになっただけでも・・・わたしにとっては、かなりの進歩^^;

 

こころよりすべてに感謝。つばき紀子

 

[`evernote` not found]

« »