ニュートラルってツマラナイ!?

日々のこと

無農薬野菜

こんにちは!つばきです。昨晩から早朝まで、かなり降ってましたね~雪?雨?
わたしが起きる頃には、一面の雪景色たっだものの、降っているのは雨でした。

夕方には青空ものぞいて、雪・雨・くもり・晴れのにぎやかなお天気は、交通機関も混乱させたようですね。お仕事を含めお出かけされた方、今日はゆっくりお休みくださいませね^^

 


 

もう数日前のことになってしまいますが、「コーチングで自分を好きになる」というセミナーに参加してきました。講師は、バルセロナ在住の越智彩霧さん

友人のサリー富多さんの「巻髪セミナー」とのコラボだったのですが、どちらも想像していた以上に楽しかったです。

コーチングに関しては、自分をコントロールされるような気がして、密かに?あまり良いイメージを持っていませんでした^^;

でも、それは誤解だったかな・・・。それとも、コーチによるのかな。いまは、そんな印象に変わりました。勝手に思い込まずに、ちゃんと勉強してみるのもいいかもしれない・・・とまで思えているから、やっぱりコーチによるのかな。

 


 

そんなコーチングセミナーの中で、「現実はニュートラル」というお話しがありました。スピリチュアルを学んでいれば、必ずと言っていいくらい耳にする言葉です。

そう、現実はニュートラル。現象が起こってるだけで、それがイイとかワルイとか、自分が勝手に意味づけをしていると。

その「現実はニュートラル」を実感するために、数枚の写真を見て感じたことを3つ書きだすということをしました。書きだした後、参加者全員で、それぞれが感じたことをシェアするのですが、これがとってもおもしろかったです。

『白いドレスを着た女性らしきひと(顔が見えない)』が映っている写真を見て、どんなことを感じるか。状況もなにも説明はないので、写真をそのまま言葉に描写するとそんな感じの写真です。

まあ、すぐに思い当たるのは「ウエディング(ドレス)」ですかね。わたしもそれを書きだしました。あとの2つは、「撮影現場」「モデル」です。

 


 

ところが、みなさんの感じたことを聞いてちょっとびっくり。「結婚式」「幸せ」「私も着たい」などなど、結婚式を想定してのハッピーな感情がほとんどでした。

いや、わたしももちろん結婚式とは思ったのですが、写真に写っているのは「ひとり」だったんですよ。結婚式なら新郎新婦のふたりだよな~なんて。そう思って、これは撮影用だ!と判断したのですけどね。

なんとも夢のないわたし・・・とその場では思いましたけど、後日、友人にこの話をすると、「つばきサンは、感情じゃなくて状況をみるんだね~」と言われ、妙に納得。

セミナーの時に写真を見て感じたことを書いたメモを見ると、どれも考えられる状況が書いてありました。

「え!?わたし感情を隠して表現してないの?」と思ったけれど、もしこの時「写真を見た時の自分の感情を書いてください」と言われたら、ちょっと違っていたかもしれません^^;

 


 

それとも~、「起こっているコトはすべてニュートラル。それ自体に意味はない」がヘンに身に着いてしまっているのかもしれません。

でも、なんだか、それで現実を生きるとあまりおもしろくないかも。自分の感情に振り回されるのはイヤだけど、だからこそ人生はおもしろい!というのも事実のような気がします。

「すべてはニュートラル。それ自体に意味はない」も、度を超えるとツマラナイことになってしまいそうです^^;

あ、だからこそニュートラル。すべてはバランス。そう言うことなんですかね^^;

 

こころよりすべてに感謝。つばき紀子

[`evernote` not found]

« »