自分を知ることの大切さ

日々のこと

佐倉のチューリップ1

こんばんは~、つばきです。4月も4週目に突入だと言うのに、なんだか肌寒いですね。
そのせいか、体調もバッチリ!とはいかず、「まあ、慌てるな」とでも言われているように、
ボチボチ過ごしています。

自由業?をしていると、何をもってお休みとするのかは微妙ですが、
やはり「お休み宣言」をした通りになってるのかな^^;

今日の写真は、大好きなチューリップ。
ここは、千葉県内の有名な場所で、脱県民?する前に、いちど行ってみたかったんです。
すごくたくさんの品種があって、どれもとてもきれいでした☆

チューリップ チューリップ畑

 


 

ありがたいことに、こうやってカラダの反応に合わせて(体調のことです^^;)過ごさせてもらっていると、いろいろと思い浮かんでくることが多くなります。

でも、そのまま流していると、「あ!なるほど!!」と思ったことも、みんな忘れちゃう(笑)。
なので、先日は、ふと思い浮かんだことをiPhoneにメモしておきました。

 

「自分を知ることの大切さ」←タイトルのつもり

「合わないことをがんばると、自信をなくす」←内容のメモ

 

ふむ……、自分でメモしておきながら、誰と会ってなんの話をした後に思ったのかな?(苦笑)

誰が何と言おうと(笑)、わたしも自分に自信が持てない、セルフイメージが低いヤツなのですが、
他の誰かから、「私、自信が持てないんです…」と聞かされると、

自分に合わないことを、自分に合わない場所で、自分に合わない人と、どんなにがんばったって、
そりゃ本来のチカラはでないわね…と思う。

本来のチカラが出せていないんだから、自分の納得できる成果が出せないのは当たり前!?
自分なりの成果が出せないのだから、その状態で自信を持つ方がおかしいのかもしれない。

「自信を持つ」
自分を信じるには、やっぱり自分を知らなくっちゃ。

ひとって、この「自分を知る」ってことが、本当に怖い生き物らしい(>_<)

占いで、「あなたはこんな人です」って聞いて、「当たってる!」って言ってても、
またすぐ違う占いに走るもんね(苦笑)。

 


 

先日、学生時代からの友人に、結婚することを報告したら、「私には、結婚の予定はないのかな…」とその友人がつぶやきました。

「結婚したいって思っている?」とストレートに聞いてみたら、「わからない…」と一言。

「したい」でも「したくない」でもなくて、「わからない」と言う彼女の答えは、わたしにはとても正直に聞こえました。

「自分のことが一番わからない…」とも言っていたけれど、もちろん自分の全部を知らないワケではなくて、「結婚」ということにフォーカスしたときに、これまでのいろんな積み重ねで、その部分の気持ちがわからない状況になってしまっている…と言うことなんだろうなと思えました。

人間関係も、仕事関係も、結婚関係?も、生まれてからの(生まれる前も!?)いろんな自分のことを知ろうとしないと、答えがないのではなくて、「わからない状態」のままで過ぎて行ってしまうのかもしれません。

なんか、それって、生きる上で、とてももったいない…。

だから、すごく怖くても、やっぱり自分を知ることは大切なんだと思う。たとえ、いまの自分の状況を、全部やりなおすことになったとしてもね。

 

ん~、あまり話がまとまっていませんが^^; 視界がグルグルしてきたので、そろそろ限界みたいです。ではでは、このへんで~^^;

チューリップ

 

こころよりすべてに感謝。つばき紀子

 

 

 

 

[`evernote` not found]

« »