パズルのピースが…

日々のこと

一陽来福

こんばんは、つばきです。気がつけば、大みそか^^;
なんとも、ひと言では言いあらわせない2013年が終わります。

去年の今頃は…という振り返り方をよくしますが、
去年の今頃、わたしは『ゆるし』の執筆に取り組んでいました。

今は亡き愛猫ショーちゃんとふたり、自由な年末年始を満喫し、
どんな一年が始まるんだろう~と、いろいろ妄想していたかな(笑)。

そして、今年もやっぱり自由なお正月を迎えそうです^^;
ショーちゃんがいないのは、とってもサミシイですけれど…。

 


 

わたし的に「なくなったもの」が多いという印象が強い2013年は、
自ら手放したものもあれば、去って行ったものもあるし、
自然の流れなんだな…と思えるものもあります。

そうやって、「なくなったもの」にフォーカスすると、
どんどんと「カラッポ」になっていってしまう気がするけれど、

ちゃーんと「やってきたもの」もあるんですよね。

なんといっても、今年最大の「やってきたもの」は、
初の著書『ゆるし』でした。

出版に関しては、本当にたくさんの方のサポートと応援をいただきました。
どんなに言葉をつくしても、感謝しきれません。

 


 

先日、ある方に拙書をプレゼントしたのをきっかけに、
はじめて、じっくりと自分の本を読んでみました。

まったく、出版しておきながら…なのですが、
実は、本のカタチになってから、なぜかじっくりと読むことができないでいました。

あの本を書くことで、自分のなかで「終わったこと」は確かにありました。
そう言う意味でも、父とのことを本として書かせていただけたことは、
なにに感謝していいのかわからないくらい、ありがたいことでした。

でも、終わったからこそ、次に「はじまるもの」があることを感じて、
何かを遠ざけていたみたいです。

 


 

ここ数カ月は、それに向き合う日々だったかもしれません。

そして、あることを認めて、ひとつ行動に移してみました。

すると、パズルのピースが、ピタッピタッとはめられていく、
不思議な感覚に出会いました。

それは、見たことのないピースなのではなく、すっかり忘れていた記憶や感覚がよみがえって、
実はそれが、パズルの背景の部分だったり、端っこのひとかけらだったりするのです。

そんな視点を持てた時、今年一年のことを振り返って観てみれば、
やっぱりどの出来事も、大きなパズルのひとかけらのピースのように思えます。

 


 

その大きなパズルには、人間関係や、シゴトの部分も、恋愛の部分も、そのほかの部分も、
きっと、いろんな場面が描かれていて、
時には、恋愛とシゴトのピースを間違えてはめ込んでいたりいたりするのかもしれません^^;

無理やりはめ込むものだから、歪んだり曲がったりしちゃってね…
イタイイタイ(苦笑)。

2013年、愛情とも激動ともいわれる年末の末に、そんなことを想うタイミングが来るとは、
やはり思っていなかったです。

ピタッピタッとはまっていく、わたしにとっては、きっととても大事なパズルのその部分。
今度こそ、まじめに逃げないで、大切に仕上げていきたいと思います。

 


 

不定期な更新や、拙い内容のこのブログを懲りずに読みに来てくださる方々、
いろんな場面でお会いしたみなさま、

おひとりずつに今年一年の感謝の気持ちを、こころからお伝えしたいのですが、
なんだかどうしても、それをお伝えするエネルギーが出てこないでいるわたしを、
どうぞお許しください。

今年の年越しは、文字や文章にするよりも、お祈りさせていただきます。

あはは、そんなこと書いておきながら、「どうした?わたし!?」と、
今年最後の自分ツッコミしています(笑)。

 


 

今年一年、つばき紀子と出会ってくださったみなさま、
応援してくださったみなさま、
こころより感謝いたします。ありがとうございます!

引き続き、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

つばき紀子

 

 

 

 

[`evernote` not found]

« »