笑顔を選んでいこう・・・

日々のこと

ブリュックスクエア

こんばんは、つばきです。メリークリスマス~♪
と言いながら、クリスマスと言うのは、お祝なのか、感謝なのか、ノリなのか、
はたまたLOVE♡なのか、毎年やっぱりよくわかりません^^;

そんなこと言ってないで、素直に楽しめばいいんですかね~(苦笑)。

 


 

先日の『おにぎりランチ会』では、会場とおにぎりをご用意いただいたさ~らさんから、
こんなお話をお聞きしました。

「地球が波動を上げたので、それについていくのが大変で、先のことはわからない、
決まっていなと言う方がとても多いです。」と。

そのお話しに、大きくうなづいてしまったわたし。
自慢じゃないけれど、いまだに来年の予定はほぼ真っ白です。

波動が上がったとか、次元が変わったと言うお話は、あちこちから耳に入ってくるし、
最近の空模様には、確かに何かが変わったんだなと思わされます。

いったいどうすりゃいいのよ~なんて思っていると、ここ数日の出来事から、
こんなことを感じています。

 


 

自分のなかにはいろんな側面があって、たとえば、、、
がんばりたい自分、がんばりたくない自分、
カラダに良いものを食べようと思う自分、悪いとわかっていても食べたい自分。

ちょっとイマイチの例ですが、自分を高めていきたいという部分と、
どうせダメだからこれくらいでいいと自分を落としてしまう部分ともいえるかな。

自分を高めるにはやっぱり努力も必要で、
メンドクサイ…なんて思ってしまうこともある。

スピリチュアルに興味があったり、起業や自営で自分の道を切り開いていこうとする
意識の高いひと達には、あまり関係ないかもしれないけれど。

でも、まだまだ多くの人が、自分にとっての大切なことに気づけずに、
混沌とした中で生きているのが実情かもしれない。

 


 

どうしてそんなことを想ったかと言うと、
ある方々と、どちらもわたしの大好きな場所でお会いしたのだけれど、
ご一緒した方の言動がビックリするほど違っていて、
相手をジャッジしている自分に気づきました。

最初は、そんな自分を責めましたが、
自分がどちらの世界を選びたいのかを迫られた気分だったのです。

お互いに高め合うことはない薄暗い世界と、お互いを尊重し高め合う光に向かう世界。
すべてが後者であって欲しいけれど、これが二極化というものなのでしょうか。

でも、自分がどちらの世界にいたとしても、
薄暗い世界にも光は届けられるし、光に向かう世界にだって必ず闇はある。

そしてきっと、その先はどちらも同じひとつのところに辿りつくのだと思う。

 


 

地球が、宇宙が、大きく変化していっているとき、そこに住まう人間が迷うのは
ある意味当たり前なのかもしれません。

だからこそ、自分に心地良い、楽しいと思える、たくさん笑顔になれるところを、
選んでいけばいいのでしょう。

それを選択する自分を責める必要は、きっとどこにもないのだから。

 

こころよりすべてに感謝。つばき紀子

 

[`evernote` not found]

« »