自分を知るための方法

日々のこと

ナンバーコップ

こんばんは、つばきです。昨日の台風は、いろんな意味でひどかったですね。私も風雨のなか外出したのですが、屋内でのんびり過ごしていたので、帰ってからTVの報道を見てびっくりしました。

夕方からは台風一過のきれいな空でしたね。真っ赤な夕焼けを見て、多くの人が携帯やスマホを空に向けていました。そんな気持ちで人のこともみることができたらいいのになと、ふとそんなことを想ってしまったら、このまま見ていようと写真を撮るのをやめました。

 


 

世の中には、自分を知るためのツールが本当にたくさんありますね。私が学んだ誕生数秘学もそうですが、占星術や四柱推命などの占いの類も、心理学系の性格診断も、統計学からみたものも、まだまだ私の知らないものはたくさんあるんだろうと思います。

先日は、脳の特性を指先の電位変化から測定するという診断を受けてきました。どんなものか…は、ちょっと理解しきれていないので書きませんが、受けた感想としてはとても面白かったです。私は、右脳左脳の両方を使う、「愛される元気なタイプ」だそうです。日本人の約70%が該当するということですが、本当はもっと細かく診断できるのだろうなと推測しています。
勉強もせずに最初から細かいことを知らされても、受け入れられないですからね^^;

こうやって、いろんな「自分を知る方法」を知って行くと、アレとコレは結果が良く似ているなとか、ずいぶんと違う結果になるんだなと驚くこともあります。いろんな角度から見ているだけなのだと思うので、結局はどれも同じことを言っているのでしょう。そうでなければ、「本当の自分」が何人も出来てしまいます(苦笑)。

 


 

もちろん自分も含めてですが、「本当の自分」を見つけて納得させるまで、飽くなき探求は続くのでしょうか?なんだか人間って、本当に面白いなと思います。
そう言う私も、「本来の自分に戻って生きられる社会の実現」をビジョンにしていたりします。
しかし、誤解のない様に説明したいのですが、いまここにいる自分が「本来の自分ではない」とは思っていません。いまここにいる「本来の自分らしくない自分」も本来の自分の一部だと思っています。そう考えないと、ここにいる自分はいったい誰なのですか?偽物ですか?(苦笑)。

まあ、この世はバーチャルな世界である…と言うお話をつい先日もお聞きしましたが、すべてがバーチャルなら「本来」を追い求めても仕方ありませんね^^; でも、残念ながらいま私が見える世界はひとつなので、いまここで見えるもの、聞こえるものを信じるしかありません。しかし、見えているものも聞こえるものも、なにが本当なのかわからない時代のようです。

 


 

そんな時代でも、やはり自分を信じていたいなと想います。いや、自分を信じることが、すべてを信じることになって、信じることができる世界が開けるのだと思うのです。

となると、私が知りたいのは「本当の自分」がどんな自分なのかではなくて、「自分のことをとことん信じる方法」なのです。

 

ここよりすべてに感謝。つばき紀子

 

 

 

[`evernote` not found]

« »