シェムリアップと三島由紀夫

旅行日記

アンコール・トム1

こんばんは~、つばきです。今日は、ずーっと雨模様。天気予報は、本当によく当たりますね。
占いだったら、大人気だ(笑)。

 


 

3日に、カンボジアから帰国して、時差は2時間しかなかったものの、なんだかホゲーっと過ごしています^^;

半年前に行ったメキシコは、フライトは長いし、時差は15時間もあって、ほぼ一ヶ月ホゲーっとしていましたが、その時のホゲーとは、ずいぶん違う感じです。

メキシコが宇宙とつながる場所なら、カンボジア(シェムリアップ)は、神さまとともにある場所。

ツアーでは、西暦800年代~1200年代までの遺跡を、歴史の古い方から順に観に行きました。
宗教的には、ヒンドゥー教から仏教へと流れて行って、建築様式も年代によって変化しいくのがよくわかりました。

 


 

遺跡好きのわたしは、ツアーのメインであるアンコールワットを観る前から、すでに興奮状態。

「初日からこんなに写真撮ってどうする~!?」と、友人と突っ込み合いながら、写真をとる手が止まらない^^;

おかげで、まだ、ほとんど整理ができていません(苦笑)。

本当にたくさんの遺跡を観ましたが、今回のいちばんのお気に入りは、トップの写真の「アンコール・トム」の「バイヨン」。

「四面仏塔」には、東西南北に「観世音菩薩」さまのお顔が彫られています。
「バイヨン」の「中央祠堂」の登ると、どこにいても「観世音菩薩」さまが、こちらを見ているんです^^; もう、たまりません!(笑)

せっかくなので、アップのお顔も…
観世音菩薩さま

 


 

そして、もう一か所とっても気に入ったのが、「東洋のモナリザ」といわれるデヴァダーのレリーフで有名な「バンテアイ・スレイ」。ここは、すごかったです。(なにがと言われても…^^;)

バンテアイ・スレイ
残念ながら、「東洋のモナリザ」には近づけないので、この写真ではわかりません^^;

まだまだ写真はたくさんあるし、カンボジアについて、ちょっと感じたこともあるのですが、
それは、もうちょっとこころが落ち着いたら書こうと思います。

 


 

さらに、帰国してからも意外なオマケが…。

ライ王
これは、「アンコール・トム」のなかの「ライ王のテラス」にある「ライ王の像」。

この「ライ王の像」は、「アンコール・トム」を建築した「ジャヤバルマン7世」という王様なのですが、ライ病を患った王様の像なのです。

なんでもこの王様は、熱心な仏教徒であり、臣民の暮らしの安泰に務めた王様として名高く、いまでも国民に愛されているそうです。

そんなお話しを聞いて、めちゃこの王様のファンになってしまったわたしです。

 


 

で、急に話は飛びますが^^; 帰国してから、「海老フライとトンカツが食べたい!」と、ネットで検索して行ったお店のサイトに、「三島由紀夫も愛した店」と書いてありました。

三島由紀夫さんは、名前こそ知ってはいますが、あまり興味もなく、たぶん本も読んだことがありません。

ところが、彼の作品に「ライ王のテラス」という戯曲があって、そう!このライ王のことなんです。三島由紀夫さんが1965年にカンボジアを訪れた際に、この像をみて戯曲の着想を得たそうです。

「ライ王のテラス」は、観光の最後の最後で訪れたところ。

戯曲「ライ王のテラス」は、三島由紀夫さん最後の戯曲。

そして~、わたしの生まれたのは1965年。

な、なんなんでしょう!?(@_@;)

これは、「ライ王のテラス」を読まなくては!(笑)

まだまだ、わたしのおかしな?カンボジア熱は続きそうです^^;

ちなみに、海老フライとトンカツは絶品でした!(*^_^*)
かつ吉

 

こころよりすべてに感謝。つばき紀子

 

[`evernote` not found]

« »